読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mustang55’s diary

拙者A型乙女座

風邪ひきそうやから天一という選択

 今から30年程前の体験から現在も盲信するこれ “風邪ひきはじめたら天一” 他にもWebで検索すると引っかかるので案外間違いではないのかもしれない。

 ラーメン?の天下一品のこってりを食べることで風邪が治ると小学校3~4年の頃に父から教わり、風邪気味の体で訪れたのは、今は無き某橋近くのパチ屋の駐車場。隅にひっそりと佇み異臭?を放つ夢の小屋。

 家族が多かったことからあまり外食の機会は無く、ラーメンといえばお徳用の?大きな袋に入ったチキンラーメンか冬に祖母がストーブの上で煮込む中華三昧だった。

   天一に対して初見の方々が感じるまま➕風邪ひきの拙者には過酷極まりない出会いとなった。

   全く気にすることなく注文する父に敬語で「しんどくないです…」なんて無駄な報告をしながら出された冷え冷えの水がやたら優しい。        

    当時はこってりしか無かったのではないか?と思う。ネギをふんだんに盛り、白濁したスープ、ゴムっぽい麺。なんじゃぁこりゃ?再放送で見た彼の絶叫をココロに留め、食べるしかない状況は変わらない。

    箸で掴んだ麺、必要以上に絡むスープ、更に絡む麺。この塊を食むしかゴールはないのか…

    食べれなくはない、でも中華三昧がいい。スープを掬った覚えはないがちまちま食べた結果ほぼ麺と共に胃へと収まり、濃い後味と残り香を纏い家路に着いた。記憶では風邪は治った気はしない…?

   しかし、それ以降風邪をひき始めたら小銭を握り、川沿いの大型車がバンバン通る片道6キロをMTB紛いの愛車で一人激走した。2回、3回と食べ慣れると『天一』の虜になっていた。

    そもそも小学生が風邪をひいたと往復12km自転車を走らせ、天一を食べれる時点で風邪はしれてるんやけど。その行為はこの町を離れるまで続いた。

    f:id:Mazac:20160705072820j:image

    昨晩から風邪気味だったので数年振りに寄ってみた。家族ができて、ラーメンを特に天一を好まない妻と仲良く暮らす為に避けた選択。食べた人が放つ匂いが酷いらしい。しかし、急ぎ風邪を治す必要が拙者にはある!

    麺の固さ?そんなん聞くの?ネギ多目、ニンニク入れてで十分。風邪がどうこうより旨い!昔と変わったんだろうけど旨いぞ!f:id:Mazac:20160705074821j:image

    ブレスケア食べながら家に帰る。翌朝、風邪っぽい症状は鳴りを潜め、個人的見解は効果的だと感じる。そしてブレスケアはあまり効果がなかったようだ…

    今は亡き父が教えてくれたこと、食べながらふと懐かしく、ほんまに効くよなって呟く。