読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mustang55’s diary

拙者A型乙女座

夢は教師と松田優作

   少年時代に描いた夢は''松田優作''になることだった。役者ではなく、そのものに。

f:id:Mazac:20160724164516j:image
   小中と特に勉強が出来ないふざけた少年は、高校進学を考える中学3年の夏休み前、何も決めない何もやらない、夢も希望も持たない丸腰状態で怠けていた。
   これから夏休みと更に気を緩めていたところ担任の先生から呼ばれ、夏休みの特別補講のご案内を頂戴した。
   夏休みは(盆を除き)消えた。

   本当に勉強をしたことがなかった。先生は特別招待生4人の実力をはかり算数から教える選択をした。

   苦戦しながらも先生のおかげで何とか理解力があがり、ある程度できるレベルになっていった。

   先生は国語の先生だったが、主要の教科全て教えてくれ、たまにレクリエーションで卓球やプールでブラックバス駆除という名の釣りをした。※バスは夜中に我々4人が放流したもの

 

    夏休みは終わり、2学期のテストではクラスの中位にはなっていた。先生が凄い。

    それでも将来、夢などもてず適当な工業系の高校に進学した。※推薦入試で早く終わるから

    その後、高校も卒業が近づき、将来や夢は?と考える頃、''あの中学の先生のようになりたい''と本気で思った。

    すでに高校3年の秋、いきなり教師目指すことにした。勉強は得意ではないが何とかなりそうな美術があった。

   工業科の学生が一転して美大への進学に!

工業科の担任は勝手にしろと投げ捨てた。それを選択科目でお世話になった美術の先生が受験に関する全てをフォローしてくれた。ここでも恩師に出会うこととなった。

   かなり人気の芸術短大を受けることにした。受験まであと3ヶ月、願書はギリギリ間に合った。受験科目のデッサン力はイマイチなようで、もう一方の色彩構成を徹夜でやり続けた。

   倍率は確か10倍程度、ここへ行けば美術の教師になれる!その思いだけを支えに毎晩朝まで、たまに昼間寝る。ハードなサイクルと変なテンションで過ごしていた。

 

   色彩構成の実技試験は無事に終わった。課題の単語のイメージが掴みやすかった。

   それから別の日に面接、試験会場の学校へ向かって歩いていると赤ちゃんを連れた白人女性に声をかけられた。

   面接にもかかわらず、いつも通りの少しファンキーな出で立ちなのに、よう声をかけれたもんやなとか思いつつ、路面電車を案内し、ほぼ伝わらない英語を埋めるべく共に歩く…

    白人女性は感謝を述べ握手をして離れた。大きな手だった。時間は面接の集合時間を間もなく告げる頃となっていた。

 

    何故か慌てない。焦りもない。ゆったりと川を眺め、ほないこかっと学校へ向かった。

   15分遅れで到着し、特に学校側のリアクションも無く、面接グループに混ざる。そういえばバイト以外で初めての面接。しかも5人とか複数はお初やなとか思ってた。

   すぐに出番となり、5人で入室。自己紹介的なのを一人づつ。皆は他府県から来たようだ。最後に自己紹介を手短かに済ませた。

   面接官からの質問に4人は精一杯答える。こちらは思いつきで答える。5段オチのオチ担当と自覚した行動をとっていた。

   『最近気になったニュースについて』この質問、それに回答したことは強く印象に残っている。4人は、恐らく想定し準備した答えを詰まりながら精一杯答える。それほんま気になるか?と心の中でツッコミながら出番を待つ。

    そして4人目が終わり、口を開いた。

脳死を人の死として捉えるか?』このことについて、今は若く身近に死というものが存在しない、意識していない高校生ですが、身近な人と自身に置き換えて考えました。

   私自身が脳死と判定されるのであれば速やかに死亡としたいと考えています。自分の判断で動き、しゃべり、表現が出来ないのであれば死を望みます。

   ただ、自分が大事に思う人(当時、好きだった女性を想像し)が脳死と判定されたなら、同じ判断はできません。また動きだすかも、しゃべりだすかも、と考えて''死''ではないと考える。考えたいのだと思います。

    さっきまでの対応から一変し、熱を込めてしゃべる。テーマもインパクトがあり過ぎる。

    中央の面接官から質問、「自分と他者への違いは何でできるのか?」

    即答で『それは私のエゴと自己満足だと思います。』と言う。

    特に考えも無しに答えただけ、そもそも脳死がどうとかニュースになってるかも不明。

    とりあえず最後に質問のコーナー。皆がガンガン行く姿を静かに眺める。面接終了。

    高校の美術の先生に報告。面接の練習したら良かったなと一言。美術の学校やから、振り切った人間の方が良いでしょう?と答えた。

    

    結果、合格通知を受け取った。美術の先生に報告。中学に行き恩師に報告。教師を目指すとは未だ言わず。進路がめちゃくちゃだと言われながらも祝福を受ける。

 

    家族にここまでを説明。大反対を受け学費も払えんときっちり言われる。

    今なら解る。その投資はリスクしかないもんね。しかしまだ挫折には至らず、とりあえず30万程あった貯金をお馬さんに増やしてもらおうと考え、学費と生活費を想定し、目標600万!一時は90万、見事に散る…

    また来年挑むかってくらいなもんで挫折した気分でも無し。

     時は流れ25歳、全然違うことやりながらふと思い出す。教師なりたかったよな俺? 慌てて調べる。今なら400万はある、まだ間に合う?よね?

    間に合わなくはなかった。途中途中でイエスと言い続け今に至った自分を終わらすこともできず悶々としながら教師になりたいという思いは挫折?一応お金貯めてたのそれだったのにな…

 

計画的に将来を考える人ならほんまの挫折もあるのだろうが、無計画なぱちもんの挫折体験でした。

ただ夢や目標がなければ挫折もないわけで、夢や希望を持って生きている方、応援します!

 

しかし長なった… 

最後まで駄文にお付き合いいただきありがとうございました。


Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix

 

   

 

青い革ジャン

今週のお題「セールの戦利品」

   6年前にアウトレットモールのセールで購入したDIESELの青いシングルのライダース。定価15万程度が肩にキズありで5万程で購入。

   文字通りの一張羅。そもそも休みがあまり無いから着る機会が少ないけど11月〜3月くらいはそれを羽織る。

f:id:Mazac:20160722085915j:image

下は軍パン、チノパン、ジーンズ何でもイケる。肌寒くなるとこれを着て出掛けよう!と楽しい気分にしてくれる良い相棒だった。

昨年の11月、少し寒いかな?くらいでロンTの上にこれを羽織るか!と探したところ無い。

無いんです。ひょっとしてクリーニング屋に置き去りか?   妻に聞いてみた。

 

10月に古着屋さんへ旅立ったそうです…

40歳間近の叔父さんには不向きなアイテムなようで、一応売るか確認したよね?と語気を強め投げかける妻に、そやったね…   と薄っすら笑顔と消え入る声で返答するのがやっとでした。

 

1万円程にはなったそうです。それは何処へいったん?とは聞きません。家族って大切ですからね!

その冬は、かなり薄着で過ごしました。妻にはジャケット買えば?と優しいアイデアをもらいましたが、『かまへんよ、暑がりやし!』と薄い笑顔で答え続けました。

 

お洒落は我慢ですよね。ほんの少しの意地と…

 

 

何回も見た映画 3選

お題「何回も見た映画」

    何回も見た、つまり好きな映画3選

1.【バックビート】

f:id:Mazac:20160709202649j:image

   初期のビートルズの活動を描いた作品、幻のメンバー スチュアート・サトクリフの生涯、ジョンとの友情や恋人とのあれこれ。

   個人的にはバンドの演奏シーンがジョークも含め好きなシーンで、失敗や挫折を繰り返し駆け上がって行く姿も見応えがあります。彼等の演奏ではありませんがサントラを買う程、音楽も楽しめました。

 

2.【セントオブウーマン】

f:id:Mazac:20160709203238j:image

    アル・パチーノの渋さが一際光る名作です。偏屈な元軍人とサポートするアルバイトの学生が過ごした短い期間でお互いの人生に与えた影響の大きさが描かれています。

    アル・パチーノ演じる元軍人が発する名言の数々、ダンス中に交わすダンディな言葉。アル・パチーノさんほんま渋いわ!

  

3.【海の上のピアニスト

f:id:Mazac:20160709203247j:image

    赤子が船で拾われ、船で育ち、天才的なピア二ストとして活躍する生涯が描かれています。

    見所の一つとして、ジャズを創った男とのピアノバトルは痛快だった。物語の後半はホント胸が苦しくなります。泣ける一品です。

    

3選書きまして、ジェイソンバトンも…   あっモーターサイクルダイアリーズも…  とか思いましたが特に1番は人に薦めたい作品です。

コク有り時短ハヤシライス

得意料理に関するお題でひとつ

    料理人に憧れたけど肌が極端に弱く挫折した男が作るハヤシライス。

f:id:Mazac:20160707012944j:image

    一応レシピ。

    市販のハヤシライスのルーと定められた水、玉ねぎ1玉、牛肉200g位、ピーナッツバター

《アバウトに2人前の想定》

 

1  水を沸騰させる。

2  ルーを入れる。驚かない。

3  別で肉を焼く。ルーに投入。

4  肉の後に玉ねぎ焼く。ルーに投入。

    ※柔めが好きならよく炒める。

5  ピーナッツバターを小さじ1杯入れる。

    雰囲気的に5分煮込む。

    味見しつつピーナッツバターを足す。

    好みですが、鍋の上でホールトマト握り潰しながら気分を高める。

 

 出来上がり。15〜20分位で出来るハヤシライスです。

ピーナッツバターがコクを出して、かなり煮込んだ風にしてくれます。

元ネタはホテルのシェフが15年以上前にテレビで紹介されてました。、アバウトにアバウトを重ね上記となりました。好みですがこんな感じでも美味いです。

    この為に忘れられたピーナッツバターが冷蔵庫で発見されました。ほんま出番無い。そもそも食べる習慣が無い。

歌を歌えば

   真夜中バイクの帰り道、平日の終電辺りの時間帯は静かなもので、ふと湧き出る歌を口ずさむ、もちろん小さく。

   オリジナルラブ 「接吻」、カバーも沢山されたが、田島さんの声と粘りあっての曲。ただライブはやりすぎ?とも思う。ほんで中島美嘉は良い。

   家につき、用事を済ませ霧島ロックをつくる。少し酔いを楽しみつつ「接吻」の思い出。

   ある町のメンズバーで働いていた。ハイカウンターを挟んでマスターと拙者。お客様は主に23時迄が男性社会人、23時以降は仕事を終えたホステスさん。夜の蝶やね。

   基本は皆様飲みながら喋る。笑わすことを最大のミッションとしていた。

   カラオケも有ったがゲームに使ったり、リクエストがあれば歌う程度。ただ、相手も客前で歌うプロなので、こちらも店の準備をしながらカラオケの練習をする日々。トイレでミスチル、床掃除でサザン、グラス磨きつつB’z。他にリクエストがあった曲を…

    そんなお店に1時を過ぎて1人で来られるお客様、他の方々同様ホステスさんですが、もの静かでブランデーの水割りを口に、携帯(二つ折)を眺める。難しそうなんでマスターとの立ち位置を巧みに操作。プロの接客を学ぶ。

    月に2〜3回みえる方で、彼女には驚くべき特徴があった。

    お客様は他に4名、ホステスとそのお客様。拙者はとりあえず弄られ笑わせに専念しつつ様子見。マスターと少し話したあと、カラオケが入った。B’zのバラードだったような。

    マスターは上手い。が、歌いはじめてすぐに嗚咽が聴こえる。何!何?なに?とマスターの方を見ると物静かな彼女は泣いていた。いや、泣き崩れていた…    拙者、唖然…

    マスターから、いいから的なサイン。いいわけないやろがいっと思いつつ他で接客。

    歌は休憩15分程おいてもう一曲。フミヤかな?バラード。もちろんすぐに泣き崩れてる。

    そして約40分程度の滞在でマスターにありがとうと震える声と赤い目で店をあとにした。

    彼女が何を求めあの席に着くのか、次回が楽しみだった。開店準備という名の練習にも身が入る。

    そして出番はそんなに遠くなく廻ってきた。

マスターは奥で同級生というややこしい方々の相手をしていた。店に入ってすぐの席に彼女は座る。ええ声で"こんばんは"とおしぼりを渡す。薄っすら笑顔を頂き、水割りを作りはじめる。彼女から一杯どうぞと優しい言葉、ありがとうございますと言いつつ水割りも一つ。

    歌、歌ってくれる?いきなりきた。平静を装う、アンディ・ガルシアのように。

f:id:Mazac:20160706102708j:image

    リモコンに表示される曲と歌手を見てOK!

    リクエストはサザンの「素敵な夢を叶えましょう」だった気がする。これは後にも何回か歌わしていただいた。しかしもっとメジャーあるやろがいとも思いつつ。個人的には好き。

     イントロからくい気味に泣き崩れはじめた。歌聴かへんのかいなをココロに潜め、丁寧にしっとりとをイメージして歌うのでした。

    歌い終え、演歌歌手ばりにカウンター越しの拍手に深々と頭を下げ、ええ声でありがとうございましたと答える。

    しばらくうつ伏せの彼女を尻目にもう一曲なんにしよか、何くるかなとか考えていた。

    彼女は15分程のインターバルをはさみ選曲、T-BOLANをあさりはじめた。

   高音が苦手な拙者にはベストチョイスなんやけど、会話をして次の一歩をという勇気リンリンで話しかけてみた。

    オリジナルラブとか聴かれますか?赤い目であまり好意的ではない雰囲気を醸し出していた。あかんパターンやんけ…    と思ったけど、何歌うん?との返事が微かに聞こえ、これどうです?って「接吻」を指した。

    明るいしな〜と言いつつ、ええよ聴かせてもらおっとハードル上がった返事頂きました。ほんで決して明るくはないやろと…

    イントロすぐ歌なので泣く間無し、少し上ずったけど何とか、彼女を見ると泣き始めてた…職人かい!拙者はココロを込めて歌うだけ。

    歌は終わり、うつ伏せの彼女はおいて拍手と冷やかしに深々と応える。しばらくして彼女は、「ええ歌やね、また来るわ」と消えそうな声を残し深夜の町に姿を消した。

    それ以降も   来店→リクエスト→泣く→リクエスト→泣く→帰る   サイクルは守られ、歌い手はマスターでも拙者でもかまわない。

    ただ、たまに「接吻」をリクエストするようになっていた。

 

https://m.youtube.com/watch?v=9igij_W99Go

 

夜中に書き出してめちゃ長くなってビビった。

風邪ひきそうやから天一という選択

 今から30年程前の体験から現在も盲信するこれ “風邪ひきはじめたら天一” 他にもWebで検索すると引っかかるので案外間違いではないのかもしれない。

 ラーメン?の天下一品のこってりを食べることで風邪が治ると小学校3~4年の頃に父から教わり、風邪気味の体で訪れたのは、今は無き某橋近くのパチ屋の駐車場。隅にひっそりと佇み異臭?を放つ夢の小屋。

 家族が多かったことからあまり外食の機会は無く、ラーメンといえばお徳用の?大きな袋に入ったチキンラーメンか冬に祖母がストーブの上で煮込む中華三昧だった。

   天一に対して初見の方々が感じるまま➕風邪ひきの拙者には過酷極まりない出会いとなった。

   全く気にすることなく注文する父に敬語で「しんどくないです…」なんて無駄な報告をしながら出された冷え冷えの水がやたら優しい。        

    当時はこってりしか無かったのではないか?と思う。ネギをふんだんに盛り、白濁したスープ、ゴムっぽい麺。なんじゃぁこりゃ?再放送で見た彼の絶叫をココロに留め、食べるしかない状況は変わらない。

    箸で掴んだ麺、必要以上に絡むスープ、更に絡む麺。この塊を食むしかゴールはないのか…

    食べれなくはない、でも中華三昧がいい。スープを掬った覚えはないがちまちま食べた結果ほぼ麺と共に胃へと収まり、濃い後味と残り香を纏い家路に着いた。記憶では風邪は治った気はしない…?

   しかし、それ以降風邪をひき始めたら小銭を握り、川沿いの大型車がバンバン通る片道6キロをMTB紛いの愛車で一人激走した。2回、3回と食べ慣れると『天一』の虜になっていた。

    そもそも小学生が風邪をひいたと往復12km自転車を走らせ、天一を食べれる時点で風邪はしれてるんやけど。その行為はこの町を離れるまで続いた。

    f:id:Mazac:20160705072820j:image

    昨晩から風邪気味だったので数年振りに寄ってみた。家族ができて、ラーメンを特に天一を好まない妻と仲良く暮らす為に避けた選択。食べた人が放つ匂いが酷いらしい。しかし、急ぎ風邪を治す必要が拙者にはある!

    麺の固さ?そんなん聞くの?ネギ多目、ニンニク入れてで十分。風邪がどうこうより旨い!昔と変わったんだろうけど旨いぞ!f:id:Mazac:20160705074821j:image

    ブレスケア食べながら家に帰る。翌朝、風邪っぽい症状は鳴りを潜め、個人的見解は効果的だと感じる。そしてブレスケアはあまり効果がなかったようだ…

    今は亡き父が教えてくれたこと、食べながらふと懐かしく、ほんまに効くよなって呟く。

    

大事なイベント

    昨日は大事なお客様をお迎えしてイベントを開いた。本番を最も楽しみにしてたのは拙者やろな。

    人に会うことは望む望まない別にして影響を受けるもので、人それぞれ度合いがあるとしても笑顔になったり、励みになったり、その反対もまたあり。誰にも会わず森の中で暮らす仙人でもない限り続くわけで…

    今まで経験のない業界で仕事をはじめ、そこで活躍される方々と会い、言葉や感覚に戸惑いつつも学び理解していく。自分のことを伝え、共感や興味を得られたなら浅くはない繋がりが持てると思っている。

   「自分はそうはなれない」とよく知る友に言われていた。数少ない強みなのか?   結局、自分フィルターを通して中身が出力することは良くも悪くも変わらない。ただ人に会うことで影響されながら変わること、変えられることは成長と拡張かなと考えている。

    まったく未知の世界で迷走しながら歩みつづける日々に助けをくれた大事な方々にほんま感謝。一杯飲んで話しだしたらやっぱ楽しい。決して楽しく笑うだけの時間でなくても。

    ほんでまた朝や…   コーヒー飲んで、は〜f:id:Mazac:20160703085329j:image